有利な立場で応募したい!ドライバーの求人に応募するのに有利な資格はある?


免許系の資格は有利になる

ドライバーとして働くためには運転免許が必要ですが、何をどのように運転するかによって必須の免許が異なります。大抵のドライバーの求人では第一種普通免許を持っていて、運転経験が数年間以上あれば良いという形になっています。これは企業としては採用後に必要な免許を取ってもらう計画にしているからです。ただ、もし業務に必要な免許を持っているのなら入社してから教習に行かせる必要がなくなるため、企業にとってはコスト的にも時間的にも大きなメリットがあります。不要な免許を持っていても高く評価されることはないですが、業務上必要な免許、あるいは持っていることで担当できる業務が広がる免許を取得していると有利なのは確かです。

現場に応じたスキルを考えて資格を取ろう

免許以外にもドライバーの求人に応募したときに有利になれる資格はあります。ただ、この場合にはどのような資格が適切かは応募先によって異なるので注意しましょう。例えば、運送系の会社のドライバー求人に応募するなら、薬剤師や登録販売者のように医薬品管理ができれば働ける場所が飛躍的に増えて有利になります。タクシードライバーなら介護系の資格があれば介護タクシーの担い手になることができ、英語の資格試験で高い成績を得ていれば外国人対応もできると考えられるでしょう。このように現場によってどんなスキルがあれば活躍できる可能性が広がるかは異なります。実際に担当できる業務を考え、どんな資格があると強みをアピールできるかを考えましょう。

愛知のドライバーの求人は非常に多いです。東海地方には大手自動車メーカーとその関連会社が多く、さらには旧東海道といった土地柄も影響しています。