CADを扱う仕事がしたい!求人事情を徹底調査!


CADが扱える人材を必要としている会社はたくさん!

CADとは、とても簡単に言うとコンピューターの中で設計図を作ることです。今まで紙に書き出していた設計図のまま作ってみるとじつはおかしなところが生じたり、強度の問題が発生したりしていましたがCADで図面設計をすることで不具合や強度を自動計算することが出来るようになりました。CADは図面設計だけではなくデザイン設計もでき、最近では平面だけではなく立体設計、いわゆる3D CADなどと発展とともに様々な分野で活躍することができるパソコンスキルになりました。CADの操作ができると建築関係はもちろん自動車産業や製造産業など様々な分野で活躍することができます。

CADといってもピンからキリまで!

コンピューター設計と聞くと何やらとても難しく感じますが実はCADのソフトを用いることで簡単に操作ができます。しかし専門分野によって、高度な技術を要するCADソフトも存在します。CADの技術の中で高度な技術を用いるものの代表として3D CADやそのCADの解析、シミュレーション分野といったものが挙げられます。そのようなCADのスキルを身に付けることによってさらに会社から有望な人材として求人採用があると言えるでしょう。

あなたはどんなCADがしたい?

CADを用いた仕事を扱いたいのであればまずは自分がどのような設計分野にたけているか今一度考えてみると良いでしょう。例えば製造のCADであれば強度のシミュレーション等ができると就職には有利です。建築関係のCADのお仕事につきたい場合はイメージが湧きやすいデザインが作れる3D CADなどができると良いですね。あなたにあった技術を是非見出してみてください!

コンピューターに関する知識や技術を持っている場合、CADオペレーターを目指すのがおすすめです。特殊な技術が必要なため、給料が高く好待遇です。